個人事業主の確定申告情報や会計ソフトを紹介

個人事業主の確定申告

無料でつかえるおすすめの会計ソフトを比較!

会計ソフトは多々ありますが、今は断然クラウド系の会計ソフトが注目を集めています。

とは言え、色々な会社から会計ソフトは出ているので、どれを使えばいいのか判らないと言う方のために、当サイトおすすめのクラウド系会計ソフトをまとめました。

クラウド会計ソフト比較ランキング

クラウド会計ソフト「freee(フリー)」

ソフトの特徴
・会計・簿記の初心者向け
・仕訳の自動取込、自動学習
・チャット、メールでのサポート

元グーグル社員の佐々木大輔氏が立ち上げたクラウド会計ソフト。現在のところクラウド会計ソフトシェアNo1。
会計の知識が全く無いのなら、このソフトが一番おすすめだが、簡単すぎるため、経理のことが全く判らなくなる可能性もあります。

クラウド型会計ソフト「MFクラウド会計・確定申告(マネーフォワード)」

ソフトの特徴
・取引明細の自動取得
・勘定科目の自動提案
・仕分けルールの学習機能
・税理士との連携が充実
・電話、メールでのサポート

ソフト導入時には不明点が多いものですが、クラウド会計ソフトの中で唯一、電話サポートに対応しているので、導入後も安心出来ます。ただし、Freeeに比べると簿記の知識が必要となるため、最低限の会計知識は必要となります。

やよいの青色申告オンライン

サイトの特徴
・帳簿作成と申告書類の作成が1つでできる
・仕訳の自動取込機能
・スマートフォンからの入力にも対応

会計ソフトでシェアNo’1の弥生会計が提供しているクラウド会計ソフトです。
ベーシックプランであれば、電話とメールサポートがつきますが、金額が3社の中で最も高くなるのがネックです。

 

 

クラウド型会計ソフトとインストール型会計ソフトどちらがおすすめ?

現在、会計ソフトは大きく分類して2つの種類があります。

クラウド型のサーバー上にある会計ソフトと、自身のPCにインストールする会計ソフトです。

 

どちらがオススメかというと、クラウド型の会計ソフトになります。

 

なぜなら、インストール型の会計ソフトは自身のPCが壊れた際、データが拾い出せなかった時は、過去の会計データが全てなくなってしまうからです。

一方でクラウド型の会計ソフトは、自身のPCが壊れた際も、データはサーバー上にあるので、会計データは残ります。

また、クラウド型の会計ソフトのメリットはこれだけではありません。

日々業務に忙しい、個人事業主や中小企業の経営者の方々は、如何にこのような雑務を効率化出来るかが鍵となります。

クラウド型の会計ソフトであれば、データ自体がWebサーバー上にあるので、ネットが繋がる環境であれば、タブレットやスマートフォンを使い、経理作業が出来てしまいます。

外出先でも作業がやりやすいよう、アプリを出しいる会社もあり、フリックするだけで仕分けが出来るなど、工夫がなされています。

以上のことから、現在はクラウド会計がオススメですし、これからも伸びていくと考えています。

更新日:

Copyright© 個人事業主の確定申告 , 2020 AllRights Reserved.