個人事業主の確定申告情報や会計ソフトを紹介

個人事業主の確定申告

個人事業主必読!確定申告の手続きの流れ

確定申告の手続きの流れ

確定申告が初めてという方は、何をどうやったら良いのか判らないと思います。

簡単に説明すると、対象期間内の会計結果をまとめ、決められた期間に確定申告を行うのが基本ルールとなります。

きっちりルールを守り、節税する形で確定申告が出来れば良いのですが、知らないがゆえに多く税金を払ってしまったり、記帳もれを税務署から指摘されるケースもあります。

 

このページで損することが無いよう、確定申告の流れを押さえてください。

 

確定申告はいつでもできるわけではない!個人事業主の決算対象期間は税法により定められている!

法人は自由に決算期間を設定できますが、個人事業主は税法上定められた期間でしか申告できないので注意が必要です。

個人事業主が確定申告をする場合、期間は決められており、1年分(1月1日~12月31日)の会計結果をまとめ、原則翌年の2月16日~3月15日の1ヶ月間の間に確定申告をする必要があります。

(期日が土日と重なる場合は、繰り下げで月曜までとなります。)

そのため、日々帳簿に記帳し、売上や経費を把握して、申告時期までにまとめる必要があります。

 

年間でどのようなスケジュールで確定申告を迎えれば良いか?

領収書だけ保管しておき、確定申告の時期が近づくと慌てて処理をする事業主の方が見受けられますが、年間のスケジュールを見ると日々の積み重ねが大切なことに気が付くはずです。

この図の通り、初年度は税務署へ開業届を提出し、青色申告を行う方は青色申告承認申請書も提出する必要があります。

その後、通年の業務として日々の帳簿付け、年末には「減価償却費」の計上や物販を事業としている方は「売れ残り在庫の確認」も必要となります。

では、実際に各業務をどのように進めていくのか解説します。

 

個人事業主も法人も確定申告は帳簿の作成から

上に書いた通り、日々の売上や経費をまとめなければ、確定申告をすることは不可能です。

また、日々の売上や経費をまとめることは、自身の事業の状態がどうなのかを把握するためにも必須となるため、早めに帳簿付けは覚えていきましょう。

帳簿の書き方などは以下のページにまとめていますので、参考にしてください。

帳簿の記帳

また、書き方に関しても色々とあり、簡易簿記・現金式簡易簿記・複式簿記があります。

どれが良いかは自分の置かれている立場によってかわりますので、以下のページを参考にしてみてください。

青色申告で必要となる簡易簿記、現金式簡易簿記、複式簿記の違いは?控除額の違いは?

決算の準備

通年で帳簿をつけていき、このまま確定申告に挑む!というわけにはいきません。

売上から入金までタイムラグがある業態の場合、12月の売上分の請求書を1月に発行し、入金は1月末になるという年を越して入金があることがあります。

上記のような場合、確定申告上は12月の売上として扱う必要があるので注意が必要です。

また物販の場合は売れ残った在庫の処理も必要となりますので、こちらも忘れず記帳しましょう。

 

青色申告決算書と確定申告書の作成

帳簿をつけて、それをそのまま出すのでは、当然税務署は受けつけてくれません。

年間の会計をまとめ、青色申告決算書と確定申告書を作成する必要が出てきます。

この2点を用意し、税務署へ提出する必要があります。

かんたんにわかる!青色申告決算書の書き方

個人事業主は必ず抑えておきたい、確定申告書Bの書き方を順を追って解説!

 

上記ページで詳しく解説しているので、このページで大枠の説明をすると、内容はそれぞれ以下の通りとなります。

青色申告決算書

青色申告決算書とは、冒頭で記載した通り、青色申告で確定申告をする際に必要になってくる書類のひとつとなります。

ページは4ページあり、構成は以下の通りです。

  • 1ページ目:損益決算書
  • 2~3ページ目:損益決算書の内訳
  • 4ページ目:賃借対照表

以上の構成となっています。

こちらの書類に売上金額から売上原価・経費・青色事業専従者給与・青色申告特別控除などを差し引いた金額の残りから所得金額を算出していきます。

 

確定申告書

個人事業主は確定申告書Bを使い、確定申告を行います。

確定申告書Bは「第一表」と「第二表」があります。

第一表は1年間の所得・所得控除・課税金額と納付する税金などを主に記載します。

第二表は、第一表で記載した所得控除の内訳・源泉徴収された所得・青色事業専従者がいる場合には情報を記載します。

 

個人事業主必読!確定申告の手続きの流れのまとめ

このページでは、簡単に流れを説明しました。

ただ、この一つ一つの項目を掘り下げていくと、かなり奥が深く、色々と勉強をしなければならないことがあります。

当サイトでは各項目をまとめているので、必要な参考ページのリンクを貼っておきますので、こちらを見ながら確定申告の準備をしてください。

 

個人事業主確定申告

青色申告

無料でつかえるおすすめの会計ソフトを比較!

更新日:

Copyright© 個人事業主の確定申告 , 2020 AllRights Reserved.