個人事業主の確定申告情報や会計ソフトを紹介

個人事業主の確定申告

個人事業主の簿記・仕訳の基本、損益計算書と賃借対照表

簿記・仕訳の基本、損益計算書と賃借対照表

事業所得の金額を計算するための収入金額や必要経費を把握するためには「簿記」が必要です。

恐らくこのページをご覧の個人事業主の方は、「簿記なんてやったことがない・・・」と言う方がほとんどだと思います。

 

ただ、そんな「簿記」が判らなかった方々も法人・個人事業主問わず使用しています。

つまり、簿記に慣れることにより、誰でもある程度は使えるようになるのです。

また仕訳とは、帳簿に記入していく際、複数発生した取引を勘定科目に振り分けることを言います。

これだけだと、よくわからないかと思いますので、実際に例を上げて見ていきましょう。

 

かんたんな仕訳例

仕訳は、複数発生した取引を帳簿に記入していく際、勘定科目に振り分けると上記に書きました。

これはお金に関する1つの取引を2つの面から表現する事となります。

例えば

 

財布の現金を1,000円、通帳に入れた。

 

この取引を財布の立場から見ると

 

財布の現金が1,000円減少した。

 

このようになります。

ただ、通帳から見ると

 

通帳の残高が1,000円増加した。

 

という見え方になります。

このような形でお金に関する全ての取引は2つの面を持っています。

両方から見て、それぞれに金額を分類したものを仕訳と呼びます。

例えばこの取引を仕訳すると以下の通りです。

 

(通帳)1,000円 (財布の現金)1,000円

 

この中にある「通帳」と「現金」のように、同一種類を同一科目でまとめるための名前を「勘定科目」といいます。

仕訳を行うことにより、同じ種類の取引を同じ勘定科目でまとめ、個々の勘定科目毎に集計するのが「簿記」となります。

 

参考:経理に使われる用語

用語解説
簿記所有する財産などを帳簿に記入すること。
仕訳複式簿記で発生した取引を貸方・借方の勘定科目に分類すること
記帳帳簿に記入すること
入金お金が財布や通帳に入ってくること
出金お金が財布や通帳から出て行く事
試算表ある一定時点の勘定科目毎に金額を決めて一覧表にしたもの
総勘定元帳勘定科目毎に取引う内容を全て記入した帳簿のこと
掛取引物と引き換えに代金を貰うのではなく、ある一定の締め日で締め、その後締め日までの代金を貰う取引のこと
小切手金融機関に当座預金から引き落として支払うために振り出したもの
手形金融機関の当座預金から引き落として支払うもの。期日の指定が可能。
手形の取立手形を受取人が金融期間に頼んで振出人からお金を取り立ててもらうこと
手形の裏書手形を受け取った人が、第三者に対する支払いの手段として、現金でなく受け取った手形で支払うこと
手形の割引受け取った手形は支払い期日まで換気できないが、その期日前に金融期間に申し出現金化すること。なお、その差異は割引料として額面通り現金化は不可

 

勘定科目は5つの要素に分解して考える

勘定科目は、簿記で使用される同じ取引の内容を同じ科目に集計していくための名称です。

勘定科目は、大きく分けて「収益」「費用」「資産」「負債」「純資産」の5つの要素に分けることが出来ます。

収益売上のこと。事業活動によって得た資金増加を指す。損益計算書へ集約される。P/Lとも言う。
費用収益を獲得するために使ったお金。
資産事業上もっている財産。
負債支払わなければならない債務。賃借対照表へ集約される。B/Sとも言う。
純資産資産から負債を引いたもの。

これらの5つの要素のうち、収益と費用は損益計算書に、資産と負債と純資産は賃借対照表へ集約されます。

 

損益計算書は一定期間の利益を表すもの

損益計算書は、ある一定期間の経営成績を表したものとなり、1年間の売上がいくらで、費用はいくら掛かって、利益はいくら出たのかをしまします。

 

賃借対照表は、ある一定期間の財政状態を表すもの

その時点で持っている事業上の資産がいくらあって、支払いが必要な債務がいくらで、その差額として、自分が事業に投資してきたお金と事業から得てきた累積利益の合計である純資産がいくらあるかを表したものが賃借対照表となります。

 

損益計算書に含まれる勘定科目

損益計算書の内容は上記の通りですが、実際に勘定科目のどこに属するかとい疑問が湧いてくると思います。

下の表に科目を分けて記載しているので参考にしてください。

損益計算書
区分勘定科目名説明
売上売上高商品・サービスの売上代金
雑収入雑収入売上以外に手元に入ってくる副収入
売上原価期首商品棚卸高販売する商品や原材料がある場合の期首の在庫
仕入高商品の仕入代
期末商品棚卸高販売する商品や原材料がある場合の期末の在庫
経費租税公課印紙代・自動車税・固定資産税・税込み経理の場合の消費税。
荷造運賃荷造りのための費用、運賃
水道光熱費水道・電気・ガス・灯油代
旅費交通費電車・バス・タクシー・宿泊代金
通信費電話・切手・携帯電話・インターネット関連費用
広告宣伝費新聞・雑誌・インターネットを始めとした広告費用
接待交際費お客様・仕入先などとの飲食費・手土産・餞別・見舞金・お中元・お歳暮などの費用
損害保険料自動車保険・火災保険などの費用
修繕費店舗・自動車・器具備品などの修理代・保守契約の保守料金などの費用
消耗品費文具・用紙など10万円未満の備品費
原価償却費建物・車両・機会・器具備品などの減価償却費
福利厚生費従業員の医療・慰安・保険などのために事業主が支出した費用
給与賃金給料・賃金・食事などの現物給与
外注工賃修繕加工など外注に注文して支払った場合の費用
利子割引料金融機関への借入利息・手形割引料
地代家賃店舗・事務所・倉庫などの家賃・駐車場などの地代
貸倒金売掛金・受取手形・貸付金などの貸倒損失
雑費事業上の経費で他の経費に当てはまらない費用
繰戻金貸倒引当金前年に繰り入れた貸倒引当金の戻し分
繰入額専従者給与同一生計の家族に支給する給与
貸倒引当金当年に繰り入れる貸倒引当金の繰入額

 

なお、この表に載っていない科目が事業を営んでいると出てくるはずです。

その際は最も近い科目に入れるか、新たに勘定科目を作っても構いません。

例えば、来客の際に出す飲み物は、消耗品費なのか、接待交際費なのか迷う部分があったりします。

その際は「サービス費」などの名前をつけ勘定科目として利用しても構わないのです。

 

該当するものがなければ、自分でふさわしい勘定科目名をつければ大丈夫ですし、考えるのが面倒な方は雑費として科目を加えれば良いでしょう。

 

賃借対照表に含まれる勘定科目

賃借対照表に含まれる勘定科目は下の表のような科目があります。

賃借対照表
区分勘定科目説明
資産の部現金現金および小切手
当座預金金融期間に作る、小切手・手形の支払いを決済するための口座
定期預金満期日や据置期間を予め設定して、その期日まで払戻しをしない条件の預金
その他の預金その他の普通預金など
受取手形約束手形で回収した売上債権
売掛金掛取引によって販売した場合にまだ回収していない売上債権
有価証券売買目的で所有する株式
棚卸資産商品・製品・半製品・仕掛品・原材料
前払金商品を受取る前に、販売代金の一部または全部を前渡ししたお金
貸付金第三者に貸しているお金
建物店舗・事務所・倉庫などの建物
建物附属設備建物に附属されている、電気・給排水・ガスなど
機械装置建設や工作、運搬などで使用する動力設備
車両運搬具自動車・トラックなど
工具器具備品加工作業の道具・家具・電気機器など
土地土地
事業主貸個人事業主が資産にも費用にもならない個人的な支出のこと
負債の部支払手形約束手形を振出した金額
買掛金仕入れ代金のうちまだ支払っていない金額
借入金第三者から借りているお金
未払金仕入れ代金以外の経費のうち支払いが済んでいないお金
前受金商品を売り上げる前に販売代金の一部または全部を予め受け取ったお金
預り金従業員の源泉所得税や住民税など一旦預かったお金
貸倒引当金売掛金や受取手形などの売掛債権の貸倒れに備えるために引き当てた金額
事業主借個人事業主が販売代金以外の収入を自身の生活費用の口座などから事業用の現金・預金に受け入れたお金
純資産の部元入金個人事業主がこれまでに自分の事業に使ったお金。1年が終わると事業主貸・事業主借が元入金に集約されるので毎年金額は変動する

 

上の表内にない科目が出てきた場合、賃借対照表についても、新規で科目を作成してしまっても問題ありません。

 

まとめ

簿記と仕訳の基本は学べたでしょうか?

こちらのページにある表を見てエクセル等で管理していっても良いですが、めんどくさいという方も多いのではないでしょうか。

 

現在は、会計ソフトも様々なものが出ており、領収書やレシートを取り込むだけで科目を分類してくれるものもあるので、管理が煩わしいかたは、そちらを使うのも良いかと思います。

更新日:

Copyright© 個人事業主の確定申告 , 2020 AllRights Reserved.