個人事業主の確定申告情報や会計ソフトを紹介

個人事業主の確定申告

仕訳に使われる貸方・借方を複式簿記用に解説

貸方借方

複式簿記を始め、最初の難関が借方と貸方ではないでしょうか。

このお金の動きが借方になるのか貸方になるのかよくわからないし、記入しなければならない勘定科目が何だか判断がつかないし、投げ出したくなる気持ちはわかります。私もそうでした。

ただ、こちらをキチンと仕分けしないと青色申告で65万円の控除は受けられませんし、そもそも提出期限に間に合わないと言った事も起こり得ます。

このページでは、そんなアナタに借方と貸方に記入する勘定科目のルールと、自分では最低限しか手を動かさず半自動化する方法を解説していきます。

借方と貸方ってなんのこと?

借方と貸方は一言で表すと1つの取引を2つに分けて考えることになります。

これは、事業でお金の動きがある取引を行うたびに、借方か貸方に勘定科目を使って仕訳するということになります。この仕訳を行うことにより、事業のお金の動きを正しく把握し問題点の洗い出しや、お金のがかかる事業計画に役立てることが出来ます。

では実際にどのように仕訳をしていけば良いのか、以下から説明をしていきます。

借方は資産と費用になるもの

貸方とは、事業のお金をどう活用したか、何にいくらかかったのかの結果を明確にすると覚えておきましょう。

具体的に貸方は以下の取引に分類されるものが対象となります。

  • 資産
  • 費用

上記に該当する借方の項目を仕訳の際に左側に記入していくことになります。

では、この「資産」と「費用」はどの勘定科目に当てはめていけば良いのかを以下に解説していきます。

資産の定義

資産は現金および売ればお金になるものが対象となります。

勘定科目で表すと以下のものが該当します。

資産に該当する勘定科目

現金、普通預金、受取手形、売掛金、有価証券、棚卸資産、前払金、貸付金、建物、機械装置、車両運搬具、工具器具備品、土地、電話加入権、事業主貸

以上の勘定科目が該当します。

仕訳のやり方は以下のような形になります。

現金を50,000円、普通預金から引き出した場合

借方貸方
勘定科目金額勘定科目金額
現金50,000円普通預金50,000

この場合、現金が増えたので50,000円を左側の借方に、普通預金から引き出して現金が減っているので、右側の貸方には50,000円を記入します。

資産の仕訳をする基本ルールとしては、

  • 借方:資産に該当する勘定科目が増えた場合は左側に記入
  • 貸方:資産に該当する勘定科目が減った場合は右側に記入

と覚えましょう。

費用の定義

費用は利益を出すために事業に使ったお金が対象になります。

勘定科目で表すと以下のものが該当します。

費用に該当する勘定科目

仕入高、租税公課、荷造運賃、水道光熱費、旅費交通費、通信費、広告宣伝費、接待交際費、損害保険料、修繕費、消耗品費、減価償却費、福利厚生費、給料賃金、外注工賃、利子割引料、地代家賃、貸倒金、リース料、新聞図書費、雑費

以上の勘定科目が該当します。

仕訳のやり方は以下のような形になります。

事務所家賃を100,000円、普通預金から引き落とされた場合

借方貸方
勘定科目金額勘定科目金額
地代家賃100,000円普通預金100,000

事務所の家賃は支払いになるため、左側の借方の勘定科目には地代家賃を記入し、右側の貸方は引き落としになるため、勘定科目には普通預金と記入し、引き落とされた100,000円を記入します。

費用の仕訳をする基本ルールとしては、

  • 借方:費用に該当する勘定科目は左側に記入
  • 貸方:負債に該当する勘定科目の支払い方法を右側に記入

と覚えましょう。

貸方は負債・資本・収益になるもの

貸方の考えかたは、お金をどこから持ってきたか、事業によりお金がいくら入ったかという事業に使用するお金の出どころを明確にすることと覚えておきましょう。

具体的に貸方は以下の取引に分類されるものが対象となります。

  • 負債
  • 資本
  • 収益

上記に該当する借方の項目を仕訳の際に右側に記入していくことになります。

では、この「負債」「資本」「収益」はどの勘定科目に当てはめていけば良いのかを以下に解説していきます。

負債の定義

負債とは借金のことで、いつかは必ず返す必要があるお金のことです。

勘定科目で表すと以下のものが該当します。

負債に該当する勘定科目

支払手形、買掛金、借入金、未払金、前受金、預り金、貸倒引当金、事業主借

以上の勘定科目が該当します。

仕訳のやり方は以下のような形になります。

商品100,000円分を掛けで仕入れた場合

借方貸方
勘定科目金額勘定科目金額
仕入高100,000円買掛金100,000

売掛金で商品を仕入れた場合は左側の借方の勘定科目は仕入高となり、右側の貸方の勘定科目は買掛金となります。

また、この取引で支払い期日に買掛金を払う場合は以下のような形になります。

商品100,000円分の買掛金を支払う場合

借方貸方
勘定科目金額勘定科目金額
仕入高100,000円買掛金100,000

今回は支払いになるので、先程は貸方にあった買掛金を左の借方に移します。

右側の貸方は支払いのため、勘定科目は普通預金にし、100,000円を記入します。

負債の仕訳をする基本ルールとしては、

  • 借方:負債に該当する勘定科目が減った場合は左側に記入
  • 貸方:負債に該当する勘定科目が増えた場合は右側に記入

と覚えましょう。

資本の定義

資本は事業のために準備した返す必要のないお金のことです。

勘定科目で表すと以下のものが該当します。

資本に該当する勘定科目

元入金

以上の勘定科目が該当します。

仕訳のやり方は以下のような形になります。

事業を始めるにあたり、1,000,000円事業用の口座に入金した場合

借方貸方
勘定科目金額勘定科目金額
普通預金1,000,000元入金100,000

普通預金が増えているので、左側の借方の勘定科目には普通預金、右側の貸方の勘定科目は元入金を記入し、双方に金額を入れます。

資本の仕訳をする基本ルールとしては、

  • 借方:元入金の入金先である普通預金を記入
  • 貸方:元入金を入れる行為は右側に記入

と覚えましょう。

収益の定義

収益は商品などを売って得た売上に該当するお金のことです。

勘定科目で表すと以下のものが該当します。

収益に該当する勘定科目

売上高、雑収入

以上の勘定科目が該当します。

仕訳のやり方は以下のような形になります。

10,000円の商品が売れて代金を受け取った場合

借方貸方
勘定科目金額勘定科目金額
現金10,000売上高10,000

この場合は左側の借方の勘定科目は現金になり、右側の貸方は売上高になります。

収益の仕訳をする基本ルールとしては、

  • 借方:受取方法を記入
  • 貸方:売上高、雑収入は右側に記入

と覚えましょう。

会計ソフトを使えば半自動化が可能になる!

ここまで見ていただければ判ると思いますが、かなり多くの勘定科目があり仕訳が面倒だなと感じると思います。ただ、この面倒な仕訳を自動化する方法が存在しています。

それは会計ソフトを入れることです。

現在、出ている会計ソフトは、登録している自分の預金口座やクレジットカードの使用履歴を自動で取得してくれ、ある程度自動で仕訳してくれます。さらに学習機能もついているものも多く、使えば使うほど精度が上がっていきます。

私も使っている会計ソフトfreeeならスマホでも仕訳可能なので、電車移動中や空き時間にチャチャっと対応可能なので、かなり重宝しています。

以下からfreeeの使用感をまとめた記事に行けるので、まだ会計ソフトを入れていない方は、ぜひ参考にしてみてください。

freeeグラフ
クラウド会計ソフト「freee」の特徴

現在、クラウド会計で最も多くのインストールをされているのは「freee」です。   引用元:第二回 クラウド型会計ソフトの利用動向調査を実施しました   この会計ソフトは、元Goo ...

続きを見る

no image
無料でつかえるおすすめの会計ソフトを比較!

会計ソフトは多々ありますが、今は断然クラウド系の会計ソフトが注目を集めています。 とは言え、色々な会社から会計ソフトは出ているので、どれを使えばいいのか判らないと言う方のために、当サイトおすすめのクラ ...

続きを見る

投稿日:

Copyright© 個人事業主の確定申告 , 2020 AllRights Reserved.