個人事業主の確定申告情報や会計ソフトを紹介

個人事業主の確定申告

個人事業一年目でも書けた!確定申告書Bの書き方

確定申告書Bの書き方

個人事業を始めて、憂鬱になるのが確定申告です。はじめての確定申告を行うために、いざ確定申告書を目の前にしたところ、難しい用語は並んでいる上、書き方はよく判らないのでゲンナリしてしまいます。

ただ、この確定申告をキッチリやらなければ、本来なら落とせるはずだった経費を落とせなかったり、税務署から指摘を受け追徴課税を支払うハメになったりと、ロクなことがありません。

そうは言っても書き方が判らない、そもそも書いてある意味が不明すぎる!というお悩みを解決するために、このページでは青色申告用、確定申告書Bの書き方を画像とともに解説していきます。

青色申告用、確定申告書Bの書き方

確定申告書Bを書く前に、用紙はお持ちでしょうか?まだ、持っていない、もしくは紛失したという方は以下からダウンロードしてください。

ダウンロード先:国税庁、確定申告書BのPDFページ

また、書き方のサンプルは以下からダウンロードできます。

ダウンロード先:国税庁、確定申告書BのサンプルPDF

あれ?サンプルがあるなら、このページいらないじゃん!と考えると思いますが、上記ページを見たら判る通り、ここが何の項目かなどの解説は一切ありません。というか、解説がないサンプルって・・・と私も最初見たときに絶句しました。

国税庁の方々は、これをみたら100%書けると本気で思っているのでしょうか?

このことから、上記サンプルを使い、何で項目を埋めていけば良いか、解説します。

青色申告用、確定申告書B第一表の書き方見本

確定申告書B第一表

①ここは事業者情報を書きます。自宅で開業されている方はそのまま自宅住所を書けば良いですが、自宅とは別の場合は届出ている住所を書きましょう。

②個人番号には自身のマイナンバーを記入します。

③ここは、その年に得た収入の金額を記入します。

④こちらには必要経費を差し引いた所得金額を記入します。

⑤各種控除の金額を入れていきます。④の所得を算出するためにも必要な項目です。

⑥課税金額と納付する金額を記入します。

⑦青色事業専従者に支払った金額や青色申告特別控除である65万円を記入します。

⑧延納の届出を使い申告期限までに税金を納付する方は記入しましょう。※延納の届出とは:国税庁

青色申告用、確定申告書B第二表の書き方見本

確定申告書B第二表

①ここは事業者情報を書きます。自宅で開業されている方はそのまま自宅住所を書けば良いですが、自宅とは別の場合は届出ている住所を書きましょう。

②源泉徴収された所得がある場合は記入します。

③不動産と株売買以外の雑所得などの詳細を記入します。

④例えばローン控除を適用している方は、居住を開始した年月日を記入します。

⑤家族が事業専従者の場合に詳細を記入します。いない場合は空白でかまいません。

⑥16歳未満の扶養家族、税金控除や事業税に関する項目を入れます。

⑦各種控除がある場合は、こちらに明細を記入します。

もっと簡単に確定申告書Bを書く方法

ここまで見ていただいて気が付いたと思いますが、確定申告書Bを書くにはかなり面倒です。

しかし、これらを半自動化できる方法があることをアナタは知っていますか?

それは、クラウド会計ソフトです。

こちらを使えば、日々の会計業務を短縮できるだけでなく、一年間のデータを集約し出力してくれるので、確定申告書Bも完成したデータが出てきます。

このクラウド会計ソフトを比較したページもあるので、気になるかたは、以下をチェックしてみてください。

no image
無料でつかえるおすすめの会計ソフトを比較!

会計ソフトは多々ありますが、今は断然クラウド系の会計ソフトが注目を集めています。 とは言え、色々な会社から会計ソフトは出ているので、どれを使えばいいのか判らないと言う方のために、当サイトおすすめのクラ ...

続きを見る

 

投稿日:

Copyright© 個人事業主の確定申告 , 2020 AllRights Reserved.