個人事業主の確定申告情報や会計ソフトを紹介

個人事業主の確定申告

青色申告特別控除とは?10万円控除と65万円控除で比較する所得税の納税額

青色申告特別控除とは?

こちらのページで「青色申告控除」という青色申告をした人が受ける事が出来る税金上のメリットについて述べてきました。

この青色申告控除については、青色申告の帳簿の形式によって控除金額が10万円になる場合と、65万円になる場合があります。

ここではそれぞれの控除が適用になった場合の具体的な納税額について見ていきたいと思います。

 

青色申告特別控除、10万円控除の場合の所得税額

例えば、所得の金額が100万円でだとすると、所得税率が5パーセントになります。

その場合に青色申告を行っていなければ、

 

1,000,000×5%=50,000

 

という計算が行われ、納税額は5万円となります。

しかし、青色申告特別控除の10万円を適用可能な場合には

 

(1,000,000-100,000)×5%=45,000

 

このような計算が行われる事になります。

つまり、この例で言えば納税額が4万5千円になり、5千円分の納税額が減る事になります。

しかし、これよりも節税効果が高いのが65万円控除の場合になります。

 

青色申告特別控除、65万円控除の場合の所得税額

複式簿記で帳簿を作っていると青色申告で65万円控除が認められる事になります。

この場合において、上記と同様に所得の金額が100万円であるなら、

 

(1,000,000-650,000)×5%=17,500

 

このような計算が行われる事になります。

本来納税すべきだった所得税の金額と比較すると、50,000-17,500=32,500となり、結果として3万2千500円の節税効果が見込まれる事になります。

今回の計算例はあくまでも最低の所得税率5%が課された場合の計算ですが、所得税は累進課税の仕組みを取っており、所得が上がるにしたがって最大で45%まで上昇します。

この所得税率が上がれば上がるほど、青色申告特別控除を使って節税できる金額も大きくなっていきます。

 

10万円控除と65万円控除それぞれのメリット・デメリット

青色申告の青色申告特別控除については、10万円控除と65万円控除がある事を述べてきました。

一見すると、65万円控除の方が良いように見えます。

しかし、10万円控除の場合にもメリットが無い訳ではありません。

この文章では10万円控除と65万円控除を比較して、そのメリットとデメリットを見ていきたいと思います。

 

10万円控除のメリット・デメリット

青色申告において10万円控除と65万円控除を比較した場合、10万円控除のメリットであるといえるのは簿記の知識が必要無いという事です。

そのため、簿記の知識が全く無く、複式簿記と言われてもどのように帳簿を作ればいいか全くわからない場合は10万円控除を選択するという選択肢もあります。

そして、デメリットは分かり切っていますが、65万円控除と比較すると節税効果が小さくなってしまう事です。

 

65万円控除のメリット・デメリット

65万円控除のメリットとデメリットは10万円控除のメリットとデメリットの全く反対になります。

つまり、メリットとしては10万円控除と比較すると節税効果が高いという事です。

そして、デメリットとしては65万円控除には簿記の知識が必要になり、帳簿作成のハードルが少し高いという事です。

ただ、簿記の知識がつくと複式簿記の帳簿を作る場合でも、簡易簿記の帳簿を作る場合と比較して、かかる時間はほとんど変わらなくなります。

むしろ、複式簿記の方が帳簿作成にかかる時間が短くなるほどです。

そのような事を考えると、簿記の知識を身に着けて複式簿記で帳簿を作成するようにした方が長期的にはメリットが大きくなると言えます。

 

青色申告特別控除とは?10万円控除と65万円控除で比較する所得税の納税額まとめ

このページでは青色申告特別控除の10万円と65万円の控除をまとめました。

控除金額が多くなる、65万円控除はやはりある程度、会計知識を必要とするので、ハードルも高くなります。

ただし、10万円控除に比べると控除額が55万円も上がるので、儲けが出ている事業主の方は、会計知識を覚えて65万円控除を受けましょう。

また、現在は最低限の知識さえあれば、簡単に使える会計ソフトもあるので、そちらを導入することを検討してみても良いでしょう。

 

関連ページ:帳簿の記帳

関連ページ:クラウド会計ソフト「freee」の特徴

更新日:

Copyright© 個人事業主の確定申告 , 2020 AllRights Reserved.