個人事業主の確定申告情報や会計ソフトを紹介

個人事業主の確定申告

かんたんにわかる!青色申告決算書の書き方

青色申告決算書の書き方

個人事業主が確定申告をする場合、税務署に提出する書類は「所得税青色申告決算書(一般用)」「所得税および復興特別所得税の確定申告書B様式」が必要となります。

このページでは、所得税青色申告決算書の解説を行います。

65万円の特別控除を受けられるよう、しっかりと書き方を把握しましょう。

 

青色申告決算書とは

青色申告決算書とは、冒頭で記載した通り、青色申告で確定申告をする際に必要になってくる書類のひとつとなります。

ページは4ページあり、構成は以下の通りです。

  • 1ページ目:損益決算書
  • 2~3ページ目:損益決算書の内訳
  • 4ページ目:賃借対照表

以上の構成となっています。

こちらの書類に売上金額から売上原価・経費・青色事業専従者給与・青色申告特別控除などを差し引いた金額の残りから所得金額を算出していきます。

 

青色申告決算書類の届く日程

開業届を提出した人には毎年1月頃に確定申告書類一式が送られてきます。

国税庁のWebサイトからダウンロードし、プリントアウトして使うことも可能です。

 

【ダウンロード先】国税庁:確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書等

 

こちらのページに最新のものがアップロードされているので、そのままダウンロードして使えば問題ありません。

なお、e-Taxを申請している方には青色申告決算書は送られてきませんので、ご注意ください。

所得税青色申告書の種類、事業によって提出書類が異なるので注意!

所得税青色申告書には以下の4種類が存在しています。

決算書名対象となる事業主
一般用多くの個人事業主はこちらの決算書を提出
農業所得用農業を営んでいる個人事業主が提出
不動産所得用不動産業を営んでいる個人事業主が提出
現金主義用現金主義の申請を承認された個人事業主が提出

ほどんどの方は一般用を使えば問題ありません。
例外となる農業や不動産業を営んでいる事業主は、専用のものが必要となるので、注意が必要となります。
例えば、農業は収入金額欄に農産物の棚卸高が存在していたり、不動産業の収入金額欄は賃貸料の項目があったりと一般用とはことなるので、専用の決算書を必ずつかいましょう。

青色申告決算書に記入する4つの内容

上の項目の「青色申告決算書とは」で記載した通り、青色申告決算書は全部で4つのページで構成されています。

基本的な考え方としては、「収入から必要経費を差し引き所得を算出する」という作業だと考えれば問題ありません。

この項目では以下のサンプルを元に書き方を解説します。

【ダウンロード先】国税庁:青色申告決算書(一般用)の書き方

 

1ページ目「損益計算書」

損益計算書1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※クリックで拡大します。

1ページ目の損益計算書には事業の売上・商品の仕入れ・必要経費・給料や貸倒金の金額を記載します。

詳細は2~3ページで記載しますので、こちらは全体像を把握させるものと認識してください。

 

2ページ目「損益計算書」の内訳1

損益計算書2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※クリックで拡大します。

【①売上金額・収入金額】

月別に記入します。

また、家事消費のように実際の売上ではないが、売上とみなさないといけないものや、雑収入もこちらに記載します。

【②給与賃金・専従者給与の内訳】

氏名・年齢・従業月数・給与・賞与・天引きした源泉徴収税額などを記載します。

青色事業専従者の場合は納税者との続柄も記載しましょう。

【③貸倒引当金繰入額の計算】

回収できない可能性の高い売掛金などがあれば、こちらの項目でその一部を必要経費に入れることができます。

【④青色申告得特別控除額の計算】

65万円か10万円かを選択します。

3ページ目「損益計算書」の内訳2

損益計算書3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※クリックで拡大します。

【①減価償却の計算】

クルマやパソコンなど複数年の使用に耐えるものについては、その年数に応じて、費用を割り振ります。

またその計算の根拠を記載します。

【②利子割引料の内訳】

借入を返済するときに必要経費になるのは利子割引料のみです。

年末の借入金残額と返済額のうち、利子割引料のみを記載します。

【③地代家賃の内訳】

大家の住所・氏名・賃貸物件の用途・権利金・更新料・賃借料などを区分します。

【④税理士・弁護士等の報酬・料金の内訳】

税理士・弁護士等の住所・氏名・報酬等の金額、報酬から天引きした源泉徴収税額などを記載します。

4項目「賃借対照表」

賃借対照表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※クリックで拡大します。

賃借対照表は資産の部と負債・資本の部に分けて記載します。

【資産の部】

決算時点での事業の資産を各勘定科目ごとに記入します。

【負債・資本の部】

決算時点での事業の負債と資本を勘定科目ごとに記入します。

青色申告決算書の書き方のまとめ

青色申告決算書の書き方は把握出来たでしょうか?

クラウド会計ソフトの普及で損益計算書や賃借対照表も自動で出来てしまいますが、事業者として内容は必ず把握しておきたいので、解説ページを設けました。

ただ、何度も申し上げてますが、経理業務に時間をかけて、本業がおろそかになってしまっては元も子もありません。

このことから、やはり早めに会計ソフトをいれることが、中長期的な業務改善につながっていくので、早めに会計ソフトの導入は検討しましょう。

 

無料でつかえるおすすめの会計ソフトを比較!

 

更新日:

Copyright© 個人事業主の確定申告 , 2020 AllRights Reserved.